薄毛の原因とは

男性薄毛の原因

基本的に男性の薄毛は頭頂部が薄くなるО型と、生え際が薄くなるМ型に別れます。О型とМ型では原因が違い、O型の原因は血行不良、М型は男性ホルモンが原因です。まずはそれぞれのメカニズムを簡単に解説します。

男性薄毛の2種類のメカニズム

О型の薄毛メカニズム

人間の毛根部分は毛細血管と繋がっており、毛細血管から栄養と酸素を含んだ血液を受け取りながら細胞分裂を繰り返し髪の毛を作り上げています。しかし血行不良であるО型の場合、毛細部分に栄養と酸素が届きづらい状態なので、髪の毛が作られづらくなり薄毛となるのです。

М型の薄毛メカニズム

М型の原因である男性ホルモンは、本来筋肉や体毛等男らしい身体を作り上げる大切なホルモンです。しかしこの男性ホルモンに含まれているテストストロンが元々毛乳頭に潜んでいる5αリダクターゼと結びつくと、ジヒロドテストステロンに変化してしまうのです。変化したジヒロドステロンは髪の毛を作り出す毛母細胞の働きを抑制してしまう為、薄毛に繋がります。

薄毛の予防、改善方法

O型の薄毛は血行を促進しよう

血行不良が原因のО型は血行を促進する事で予防、改善が期待できます。男の人の中には脂肪、炭水化物が好きな人も多いですよね。しかしO型改善の為には栄養バランスの良い食事を、規則正しい時間に摂取する事が大切です。また成長ホルモンは血行を良くして細胞分裂を促進する働きがあるので、成長ホルモンが分泌される22時から2時までの間に質の良い睡眠も心がけましょう。健康で血行の良い頭皮は本来、青白い色、毛根のブツブツがあります。その為自分の頭皮を見た時に赤っぽくなっている、毛根のブツブツが少なくてツルっとしている時は血行不良のサインです。

M型の薄毛は男性ホルモンを整えよう

М型の原因となるテストストロンは、少なくなった男性ホルモンを補おうとして出る成分です。そのМ型の薄毛予防、改善には、ストレスを溜めない生活、適度な運動、良質な睡眠で、男性ホルモンのバランスを崩さない様にする事が大切です。一時的に男性ホルモンのバランスが崩れてしまった時は納豆、牛肉、牡蠣等亜鉛を含む食事を積極的に摂取すると薄毛の原因である5αリダクダーゼを抑制してくれます。

女性薄毛の原因

女性の薄毛は主に、ホルモンバランスの乱れと間違った手入れが原因で生じます。 今回はそうした薄毛原因と改善方法を、まとめます。

女性の薄毛原因

エストロゲン

卵胞で作られる女性ホルモン、エストロゲンは、髪の毛の育成、艶やかな髪の毛の維持を司る髪の毛にとって欠かせないホルモンです。 しかしこのエストロゲンの分泌量は、20代後半をピークに減少します。 その為エストロゲンが身体の中にたっぷりある20代を過ぎると、 髪の毛のハリが不足してうねりが出始め、進行すると髪の毛が痩せて薄毛、抜け毛となるのです。

間違った手入れが原因の薄毛

頭皮に詰まった皮脂汚れは、臭いや薄毛の元になります。その為皮脂汚れを落とす事は大切ですが、皮脂量は年代によって違いますよね。 若い人であれば自分の皮脂に日常生活の汚れがプラスされるので、しっかりと洗髪して皮脂を落とす必要があります。しかし年齢を重ねて皮脂が少なくなっている人が若い人と同じ様に洗髪すると、皮脂を落としすぎてしまい、頭皮が乾燥してしまいます。 人間の肌は乾燥しすぎると危険を感じて、自ら皮脂を分泌する防衛反応が備わっています。頭皮も同じなので洗いすぎて乾燥した頭皮は過剰な皮脂が分泌され、毛根を覆って発毛を阻害してしまうのです。

薄毛の対策と改善

エストロゲンが原因による薄毛改善

エストロゲン減少が原因の薄毛には、エストロゲンの増加を促す事が有効です。 ストレスを溜めない生活、良質な睡眠でエストロゲンの減少を抑えると共に、植物性エストロゲンを多く含む大豆製品、山芋、ザクロ等を意識的に摂取しましょう。 またエストロゲンは卵巣で作られるホルモンなので、子宮の血行を良くするビタミンを同時に摂取する事も大切です。

間違った手入れが原因の薄毛対策

人間の皮膚は全身が一枚の皮で繋がっているので、頭皮は顔や手等他の部位と同じ程度の乾燥状態です。その為手や顔が乾燥している、水分が足りないと感じた時は、シャンプーの回数を減らしてみましょう。乾燥を補う為に皮脂が過剰に分泌されている頭皮は、皮脂を取りすぎない事で徐々に本来の皮脂分泌量に戻ります。

HARG治療クリニック選びの3つのポイント

認定証が発行されている専門クリニックを選ぼう!

HARG療法は、正しい施術方法と万全な経過観察が何よりも大切です。その為日本医療毛髪再生研究会が認めた施設でないと、HARG療法を行う事はできません。日本医療毛髪再生研究会は認定した施設に対し、認定証を発行しています。よってクリニックを選ぶ時は、認定証があるか否かを必ず確認しましょう。

自分に合う施術をしてくれる施設を探そう!

頭皮に成長因子、HARGカクテルを注入するHARG療法は、4つの方法があります。よってクリニックを選ぶ時はどの方法で施術しているのかを事前に調べ、希望に沿った治療を行うクリニックを選びましょう。

  1. パピュール法 注射針で頭皮と真皮の間に注入する方法。即効性と確実な効果が期待出来る一方、痛みを伴います。麻酔を使って痛みを和らげる事は出来ますが、無痛での施術は難しいです。
  2. ナパージュ法 注射針で表皮に近い部位に注入する方法。痛みを感じる事はほとんど無い上、有効成分が長く持続します。しかし効果が出るまでに時間がかかるので、回数が増えるのがデメリットです。
  3. ダーマローラー法 無数の針が付いたローラーを転がしながらカクテルと成長因子を注入する方法。広い範囲を一気に万便無く注入出来ますが、多少の痛みを伴います。
  4. フラクショナルレーザー レーザーで無数の穴を開けながら成長因子とカクテルを浸透させる方法。4つの中で最も痛みが弱い施術だが、他の施術と比べて効果が実感できるまでに時間がかかります。
  5. メドジェット法 針を使わず、炭酸ガスの圧力を利用した噴射によって薬剤を注入する最新の医療機器を使用した施術です。痛みが少なく、針を使った施術に比べて7割程度痛みが軽減すると言われています。

適正価格を調べよう!

HARG療法は保険適用外の自由診療なので施設ごとに価格設定を行いますが、日本医療毛髪研究会は全頭3分の2で10~15万円、3分の1で8~12万円の価格を推奨しています。その為この目安内で収まっている施設を選ぶと、安心です。

HARG治療でおすすめのクリニックランキング

大阪梅田中央クリニック(薄毛・AGA治療)

口コミ・評判

はじめる前は半信半疑でしたが、三度目の施術あたりから効果が実感でき、もっと早くやっておけばと後悔しました (32才 男性)

恥ずかしい気持ちもありましたが、親身なカウンセリングのおかげで心が軽くなりました (41才 女性)

メリットばかりを強調するのではなく、質問に対して誠実に回答いただける姿勢に安心しました(28才 男性)

うまみ美容クリニック

口コミ・評判

医師の先生が優しく、専門用語をあまり使わず丁寧に説明してくれたのがうれしかったです(37才 女性)

納得するまで質問に答えてくれたのがよかった (34才 男性)

治療は正直痛みもあったが、効果が上がったので我慢の甲斐があったと思います (36才 男性)

トキコクリニック

口コミ・評判

土曜日にも通えるので、周囲から怪しまれることなく治療ができたのがよかったです (27才 男性)

親切ながらもテキパキした対応で、とてもしっかりした病院だと感じ、安心できました(38才 女性)

「絶対に生える」などとは言わずに、うまくいかない例についても正直に話してくださったのが好印象でした(33才 男性)